ABOUT OUR DEPARTMENT

環境社会基盤工学課程・
専攻の概要

環境社会基盤工学課程・専攻は、社会構造や経済活動の変化、および急速なグローバル化が進む今日において、人類の健全な社会・文化・経済活動を支える社会基盤施設を環境と調和しながら適切に計画・設計・建設・維持するための、専門学術の基礎と総合的視野を有し、グローバルな視点から、サステイナブルな社会への貢献、巨大災害への対応ができる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者を育成することを目的としています。

MESSAGE

専攻長からのメッセージ

長岡技術科学大学 環境社会基盤工学専攻

専攻長:岩崎 英治

Civil Engineerの育成を
目指しています。

地域の実態を把握し、防災や環境に考慮して社会のサスティナビリティを実現する、今後の社会基盤施設のあり方を具体的に提案する能力を有する技術者に対する社会的ニーズが高まっています。また、老朽化が目前に迫っているインフラの整備への対応から従来の技術力に加えて事業マネジメントの能力や、更には海外業務に必要なグローバルな視点や高い語学力が技術者に求められています。 環境社会基盤工学課程・専攻では、種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持するための専門基礎知識を習得することにより、総合的かつグローバルな視点からサステイナブルな社会へ貢献し、巨大災害へも対応できる将に将たるCivil Engineerの育成を目指しています。