URBAN TRANSPORT ENGINEERING & PLANNING LABORATORY

都市交通研究室

研究内容Research Content

都市交通研究室は、交通需要マネジメント(TDM施策)や公共交通政策、交通ネットワーク分析といった交通に関する分野を主体とした研究活動を行っています。近年では、道の駅の有効活用などといった地域研究や、災害時における物資輸送の最適化などといった防災計画など、多岐にわたる研究を行っています。研究の際には、理論解析やビッグデータを用いた分析だけでなく、時にヒアリング調査やアンケート調査も行うことで、地域が抱える課題に対し、住民の方々に寄り添えるような活動を目指しています。また、道の駅にてイベントを開催したり、実際に地域でデマンドバスを運行する実証実験を行ったりと、住民の方々とふれあい、意見を交わす場を設けることで、地域の活性化をはかっています。

Our research activities are mainly in the field of transportation, such as transportation demand management (TDM), public transportation policy, and transportation network analysis. Furthermore, we have been conducting a wide range of research: regional studies such as the effective utilization of roadside stations; disaster prevention planning such as the optimization of logistics during disasters. We conduct not only theoretical analysis and analysis using Big-Data, but also interview surveys and questionnaires to identify the regional problem and make our research activities helpful to the residents. We also try to activate the local community by providing opportunities to exchange opinions with the residents, such as holding events at a roadside station and organizing a field test of an on-demand bus service.

Paramicsを用いて作成した道路ネットワーク Road network created using paramics

Paramicsを用いて作成した道路ネットワーク Road network created using paramics

研究室の一日A Day in the Lab

都市交通研究室では、研究内容が多岐にわたっていることもあり、コアタイムが設けられていません。このため、学生は自分の研究活動に責任をもち、自分のペースで研究を進めていくことになります。卒論や修論以外にも学会等に出席して研究成果を発表する機会がありますが、教員と先輩が一緒に汗をかきながら親身になって指導します。当研究室のモットーは、『遊ぶときは遊ぶ』、『研究するときは研究』です。昼にはみんなで楽しくランチタイム、時には息抜きにスポーツやゲームをしてワイワイしたりと、研究活動以外でも楽しく過ごしています。また、研究室には留学生が多く、研究活動や研究室旅行等の行事を通して色々な国の文化を知り、国際的なコミュニケーション能力を育むことができます。このように、年齢や国籍に関係なくかけがえのない仲間たちと楽しく充実した学生生活を送ることができる研究室です。

Our laboratory does not set a core hour due to the wide variety of research topics. Students can therefore conduct their research activities at his/her own pace with self-responsibility. Other than the thesis, students have opportunities to attend conferences and make presentations on their studies. Faculty members and senior students will work (hard) together to help with the research activities. Our motto is " Play hard when you play" and " Study hard when you study". We enjoy lunchtime together, playing sports and games sometimes, and having a good time together besides our research activities. In addition, since many international students are in our laboratory, we actively encourage intercultural communications through research activities, laboratory trips, and other events. In this way, you can enjoy a fulfilling student life with invaluable fellows regardless of age or nationality.

秋田高専・香川高専との交流会 Mr. Takahashi's (left) and Mr. Itoh's (right) birthday party

秋田高専・香川高専との交流会 Mr. Takahashi's (left) and Mr. Itoh's (right) birthday party

教員リストTeacher

  • 佐野 可寸志 教授

    交通シミュレーション、交通とまちづくり

  • 加藤 哲平 講師

    交通ネットワーク分析、費用便益分析、交通流理論

  • 高橋 貴生 特任助教(クロスアポイントメント)

    交通計画、空き家対策

詳しく研究室を知りたい方は
こちらから