URBAN TRANSPORT ENGINEERING & PLANNING LABORATORY

都市交通研究室

研究内容Research Content

都市交通研究室では、交通需要マネジメント(TDM施策)や公共交通計画といった交通に関する分野を主体とし、その他にも防災計画の一つとして原発事故発生時の避難想定など多岐にわたる研究に携わっています。また、人の意識についても研究を進めています。「地域住民の声」を聴くことが必須であるため、地域住民の方々にヒアリング調査やアンケート調査で得られる情報が重要となってきます。また近隣の道の駅でイベントを開催し、住民の方々とのふれあいの場を設け、地域の活性化をはかっています。

The main themes are traffic demand management,public transportation planing, supply chain and social infrastructure management. We are proposing and evaluating measures from the analysis of the big data (ex. Etc 2.0), the questionnaire survey, the field work, in order to realize safe, secure and comfortable transportation and contribute to society.

Paramicsを用いて作成した道路ネットワーク Road network created using paramics

Paramicsを用いて作成した道路ネットワーク Road network created using paramics

研究室の一日A Day in the Lab

都市交通研究室では、研究分野が多岐にわたっていることから、研究生活は学生1人ひとりの責任となり、自分のペースで研究を進めていくことになります。当研究室のモットーは、『遊ぶときには遊ぶ』、『研究するときは研究』です。昼にはみんなで楽しくランチタイム、時には息抜きにスポーツやゲームでワイワイしたりと、先輩後輩関係なく、楽しい研究生活を行っています。そして、留学生が多いことから、色々な国の文化を知ることもできます。

It is a laboratory that can actively act. In our laboratory,we will report the progress of each research once or twice a week. Also I will positively present to academic societies. Furthermore, we will hold a joint seminar with other universities, aiming for exchange and improvement of academic ability. The teachers are very friendly to the students and will be helpful in counseling about careers and research. Many international students are enrolled and international exchange is also prosperous.

秋田高専・香川高専との交流会 Mr. Takahashi's (left) and Mr. Itoh's (right) birthday party

秋田高専・香川高専との交流会 Mr. Takahashi's (left) and Mr. Itoh's (right) birthday party

教員リストTeacher

  • 佐野 可寸志 教授

    交通シミュレーション、交通とまちづくり

  • 高橋 貴生 助教(クロスアポイントメント)

    交通計画、空き家対策