CONCRETE LABORATORY

コンクリート研究室

研究内容Research Content

本研究室では、日々の生活を支える社会インフラであるコンクリート構造物のより合理的な設計、施工、維持管理のための研究に取り組んでいます。
 構造物への波、風雨、飛来塩分などの環境作用、コンクリート中の水分、塩分等の物質移動、それに伴うコンクリートの体積変化、ひび割れ、鉄筋の腐食等の材料劣化の進行、その結果生じる構造物の経時変形、構造性能の低下に至るコンクリート構造物の生涯における各種イベントについて、現象のメカニズムを明らかにし、科学的に予測する方法を開発し、それらに対する補修補強などの対策法を開発するために、観測、実験、数値解析による研究を行っています。

In this lab, in order to propose how to maintain effectively the concrete structures, we work with experimental and analytical calculations. The group of professor Shimomura investigate about concrete structures and its materials field such as results of material transport and drying shrinkage and creep effects to design and maintenance, and the group of professor Nakamura investigate about the complex fields of concrete and aerodynamics such as the influence of wind and waves in predicting transportation of airborne salt & tsunami propagation phenomena.

コンクリートはり試験体の載荷試験の様子 Loading test of concrete specimen

コンクリートはり試験体の載荷試験の様子 Loading test of concrete specimen

研究室の一日A Day in the Lab

私たちは、各自で予定を管理しながら、実験や数値計算等の日々の研究に取り組んでいます。また、平日の朝会や週に一回ほどの打ち合わせやゼミで先生方との情報共有を図っています。コンクリートの研究は、一人で進めることが非常に難しいので試験体の打設や現地調査、数値計算は先輩・後輩・同級生のサポートを受けながら進めていきます。
年の差に関係なく研究の相談をするのが日常なので、時おり脱線して趣味の話で盛り上がることも多々あります。コンクリートに関する仕事に興味がありましたら、ぜひコンクリ研へ!

While we are constantly planning and working in ourschedules for experiments and numerical calculations,we keep our communication with the professor through daily morning meetings and weekly seminars. Also in
our laboratory, we carry out our experimental works as a team, putting away our differences and receiving constant support from our senior and junior classmates. Within this, we have a lot of fun times bounding our partnership and friendship, and we look forward to have join and be a part of our team.

学部4年時のコンクリートカヌー大会 Bachelor 4 : Construction of Concrete Canoe

学部4年時のコンクリートカヌー大会 Bachelor 4 : Construction of Concrete Canoe

教員リストTeacher

  • 下村 匠 教授

    コンクリート材料、鉄筋コンクリート構造

  • 中村 文則 准教授

    数値シミュレーション、流体力学

詳しく研究室を知りたい方は
こちらから